公益社団法人日本実験動物協会

実験動物福祉

実験動物は、医療技術の向上、新薬の開発、生命科学の発展、食の安全に欠かせない生物資源として広範囲に利用されています。
わが国では、実験動物の福祉に関する取り扱いを次の法令等で定めています。

  • 動物の愛護及び管理に関する法律
  • 動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針(環境省告示)
  • 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(環境省告示)
  • 動物の殺処分方法に関する指針(環境省告示)
  • 動物実験等の実施に関する基本指針(文科省、厚労省、農水省)

日動協は、実験動物及び動物実験に関するこれらの法令等に則った実験動物の自主管理体制の普及推進により、動物福祉の向上を図ってきました。そして、より一層の実験動物福祉の啓発と周知を行うため、「実験動物福祉憲章」、「実験動物生産施設における動物福祉指針」、「実験動物の安楽死処分に関する指針」、「実験動物福祉推進の手引き」、「実験動物の輸送に関する手引き」などを制定し、生産業者等を対象に実験動物の適切な飼育・管理等について指導を行っています。
また、実験動物福祉の観点から、生産施設等における飼養管理等について客観的な指導・助言、調査、評価、認証等を行い、生産業者等の法令に則った動物福祉に関する自主的な取り組みの推進に努めています。

実験動物生産施設等に対する実験動物福祉の指導・助言について

実験動物福祉憲章

  1. 私たちは、実験動物を慈しみ、実験動物に感謝します。
  2. 私たちは、責任をもって、法令に則り実験動物を適正に取扱います。
  3. 私たちは、科学的知識と技術を深め、実験動物の品質向上に努めます。
  4. 私たちは、環境の保全に配慮して、実験動物施設を管理します。
  5. 私たちは、実験動物の利用に関する3R原則守り、生命科学の発展と医療の進歩、食の安全に寄与します。